広島市佐伯区の歯医者・歯科|井藤矯正歯科

井藤矯正歯科

〒731-5125 
広島県広島市佐伯区五日市駅前2-11-12 エスパシオ201

082-925-5566

メインメニューを開く
  • HOME
  • インタビュー
インタビュー

矯正歯科がもっと身近になったら嬉しいです。セカンドオピニオンにも対応しておりますので、気軽にご相談ください。

当院にお越しになる方はⅠ期矯正で来院されるお子さまがとても多いのですが、セカンドオピニオンとして利用される方もいらっしゃいますし、数年前に矯正治療を途中で諦めてしまったけれどまた頑張りたい、と来院される方もいらっしゃいます。幅広い選択肢から、患者さまにぴったりな治療を提案いたしますので、ご相談だけでも気軽にいらしてください。

もっと気軽に治療を受けていただくために

当院では、矯正について興味のある方が少しでも治療を受けやすいように、細かく価格を設定しております。矯正は高額で期間も長く大変というイメージを持たれている方も多いと思うので、そういった方々が「もっと気軽に」治療を受けてくださると嬉しいです。患者さまが希望されるところまで歯並びを整えることによって、これからの生活が少しでも明るくなるサポートができれば幸いです。相談と歯のレントゲン検査だけなら3,000円ですので、少しでも気になることがありましたらぜひ一度ご来院ください。

コンプレックスがなくなって性格まで明るく

もう何年も前のことなのですが、専門学生の女性で出っ歯が気になって来院された方がいらっしゃいました。歯のコンプレックスも関係あるのかすごくおどおどされていて、矯正をしたらもっときれいなお顔立ちになる気がしたため「将来のためになりますよ!」とお伝えし、治療を決断されました。

治療を始めると、私が思った通り、歯が整っていくにつれてフェイスラインも変わっていき、治療が終わる頃にはかなりの美人さんになりました。治療前とは性格も変わって、自信たっぷりで明るくなったのです。金銭的にあまり余裕はなかったそうなのですが「矯正をして本当に良かったです! あの時説得してくれてありがとうございます!」と言ってくださいました。その時の笑顔が今でも忘れられません。

患者さまと仲良くなって色々なお話をすることも

初めは歯のお悩みを抱えて来院される方ばかりなのですが、何度か通われているうちに仲良くなってプライベートのことを相談してくださる方もいらっしゃいます。歯以外のお話もされる患者さまは、とても楽しそうに来院してくださるのでこちらまで気持ちが明るくなりますね。そのような方からは、よく「サバサバしていて話しやすい」、「姉御肌で相談したくなる」と言われます。たまに、ここは本当に矯正歯科だっけ? と感じるほど色々なお話をしてくださる患者さまもいて、治療だけでなくきちんと「人と人」として向き合えているような気がして嬉しいです。敷居の高くない、気軽に来院できる矯正歯科と思っていただけたら幸いです。

治療後のイメージの擦り合わせと、詳しい説明

初診のカウンセリングで大切にしているのは、患者さまのお悩みとご希望をきちんと把握することです。一人ひとり感じ方は違います。私はここを重点的に治療した方が良いなと思っていても、患者さまが気にされている箇所はそこではなく、私にとってはとても些細なところだった、ということも多々あります。だからこそ、治療に対してのイメージの擦り合わせはとても大切です。

お話をする際は、患者さまのお顔をきちんと見ながら、分かりやすいように噛み砕いて説明します。お話だけでは分かっていただけないことも多いので、そのような場合は他の患者さまの例を出したり、模型を使ったりして、より分かりやすくお伝えするように心がけております。

Ⅰ期矯正が大切だと考えている理由について

当院では、Ⅰ期矯正をとても大切に考えております。その理由は2つあり、1つ目は下の顎の成長は身長と同じ頃には止まってしまい、上の顎も小学生のうちまでしか成長しないことがほとんどだからです。顎の大きさを変える治療は、成長期にしか行えません。

2つ目は、永久歯が変な位置に生えてくると、隣にある永久歯の根が溶けてしまう可能性があるからです。永久歯が生えてくる途中であれば、永久歯の生える方向を変えて隣の永久歯から離して、隣にある永久歯の根が溶けるのを防止することができます。

大人になってから矯正を行う場合、成長が起こらないため、永久歯を排列するスペースを作る方法は健康な永久歯を抜歯しなければならない割合が高くなります。なるべく永久歯を全て残したままきれいな歯並びになっていただきたいので、Ⅰ期矯正をおすすめしています。

保護者の方ではなくお子さま本人の意思を第一に

保護者の方が矯正をさせてあげたくても、お子さま本人は矯正に興味がなかったり、嫌だと思ったりしていることがあります。反対に、学校には行きたがらないのに、なぜか矯正歯科には行きたがる場合もあります。

「このお子さまは矯正をストレスに感じているな」と思った場合は、Ⅰ期矯正が終わって保護者さまがⅡ期矯正を希望されていても「一回矯正器具を外してみませんか?」と提案することもございます。Ⅱ期矯正は大人になってからでもできるので、お子さまの意思をなるべく尊重して「矯正を受ける立場」になって考え、お話しするようにしています。

今後の展望、夢についてお話します

私は、歯科医師になった頃からずっと「誰でも気軽に受けられる矯正治療を提供すること」をテーマにしています。当院の矯正の価格帯は比較的リーズナブルだと思っているのですが、これ以上に価格を下げる、というのは今の矯正歯科では現実的ではありません。経済的に矯正治療が負担になる方にも気軽に矯正を受けていただけるようなシステムができると良いな、といつも考えています。「もっと魅力的なシステムで、より多くの方が気軽に治療を受けられますように」と心から願っています。

悩まれている方は、一度ご相談ください

矯正と言ってもさまざまです。Ⅰ期矯正だけでⅡ期矯正はしない方もいますし、Ⅰ期矯正をせずにⅡ期矯正だけ行った結果、抜歯しなければならなくなった患者さまもいらっしゃいます。Ⅱ期矯正は大人になってからでも、いつでも「したい」と思ったらできるのですが、Ⅰ期矯正は成長期にしかできません。もっときれいな歯並びを手に入れたい、と考えて将来を見据えて治療をするなら、早ければ早いほど良いでしょう。

例えば、就職活動中や成人式には矯正器具をつけていたくありませんよね。学生の間というのは、人生の中で比較的「矯正しやすい時期」なのではないでしょうか。健康的で美しい歯は自信にもつながります。お子さまの明るい将来のために、一度相談にいらしてください。